身近にあるものが水道の修理を助ける

水道の修理をおこなう場合、いろいろな道具が必要です。大きな道具なども必要ですが、日常生活の中で使っているものも用意しておけば、被害は最小限に抑えられます。大量の水が流れ出したときでも、身近なものが被害を抑えてくれることがあります。普段から必要なものを水回りの近くに置いておくといいでしょう。

■修理でも欠かせないバケツ

応急処置として大切なのは、なによりもバケツです。修理をする際にも、バケツがあるかどうかが大きな違いになって表れてきます。バケツがあると、漏れてきている水を受けることもできますし、流れ出た分をすくい取り、別の場所に流すこともできる大事な道具です。
キッチンの下の排水などは、大量に水漏れすることは少ない部分なので、水漏れが判明したときにバケツを置いておけば、修理する間だけでも対応することができます。排水は給水と違って使った分だけが配管を流れるため、バケツで漏れた水をうけている間に応急処置として補修テープを巻くといった方法も取れます。
水道管から漏れているときでも、バケツがあれば、一時的に受け止めて、その間に止水栓を閉める時間が取れます。止水栓を閉めた後でも、管の中に残る水も流れ出てくるため、バケツがあれば被害は抑えられるでしょう。

■タオルとゴム手袋

バケツとともに必要なのがタオルです。流れた水は、手ですくえるわけではありませんので、タオルがないと困ってしまいます。複数枚必要ですが、使わなくなったバスタオルも用意しておけば安心です。吸い取った水は、バケツにあけてしまえば、他の場所に流すこともできます。
タオルがあるだけで、水をせき止めることもできます。簡易的なものですが、トイレの水漏れが出た時などでは、被害を少しでも抑えることができる方法です。大量に必要になりますが、ボロボロになったものなどを袋に入れてバケツとともに置いておくだけなので簡単です。
汚れた水が流れ出す場所もあるため、トイレ掃除に使うゴム手袋なども一緒に用意しておけば間違いありません。

■まとめ
水道の修理には、専門の道具だけが必要なわけではありません。バケツやタオルなど、日常的に使うものが必ず必要です。水回りの近くに用意しておくだけでも、緊急時のどうしても焦る状況から救ってくれます。
これらは、なにも新品である必要はありません。他の理由で購入し使わなくなったものを用意するだけです。これだけのことで大きな違いが生まれるため、日常から意識しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ