水道の修理はまず水をとめる

水道の修理には、止水栓や元栓を閉めてから作業しなければいけません。そのままにすると、水が供給され続け、止まらないことが出てくるからです。非常に危険なことにもなるため、安全な作業をするためにも、一旦止める必要があります。どこについているのか場所を理解するとともに、どんな方法で閉められるのか、閉められなかった時にどうするのかを知ることが必要です。

■それぞれの設備に取り付けられる止水栓

家庭には、さまざまな設備があり、水道が必要にもなります。交換や修理をする場合には、水の供給をストップしなければ、水浸しになりますし、安全性も確保できません。そこで、設備ごとに止水栓が取り付けられています。修理の時にも必要ですし、水が止まらないときの応急処置にも欠かせません。ほかにも、水の勢い調節にも使います。
一般的な止水栓は、マイナスドライバーで回すタイプで、時計回りに回せば閉まる構造です。キッチンや洗面所などは、カウンターの下などを探せば見つけられますが、中には取り付けられていない場合があります。壁に取り付けられている蛇口などには、器具の本体と壁の間についている場合があり、これを閉めれば止まります。

■家庭の水道すべてを止める元栓

止水栓が見つからない場合やそもそも取り付けられていない場合には、元栓を閉めます。
元栓は、家庭に接続されている水道の大元であり、閉めることで供給を絶てる部分です。水道メーターが取り付けられている横にありますが、建物によって場所が異なります。止水栓と同様に右にまわせば閉まるため、簡単に止められる方法です。
止水栓や元栓を閉める方法は、難しいものではありません。しかし、一度も閉めたことがない人では、本当に大丈夫なのか、その場所の発見にも問題が出てしまいます。なにも起きていない普段から場所を見つけておくことが大切です。一度閉めてみてもいいでしょう。そうすることで硬くて閉まりにくいといった状況などの確認につながります。特に止水栓は固着して閉まらないこともあります。

■まとめ
水道のトラブルから修理まで、止水栓を閉めることは、必ず実施する作業です。道具も必要になるため、事前に確認しておけば安全です。素早くできればその分だけ被害は広がりません。確認しておかないと、いざというときに本当に閉められるか不安になり焦るもとにもなります。確認しておくだけで済むことですので、普段から意識しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ