水道の修理に使う道具はこれ

水道のトラブルが起きた時、修理をするためには道具が必要です。なにも揃えずに直すことはできません。水道には専門の道具も必要なため、自分で直すときには、揃えておくことが大切です。専門的なものになると、水道管にしか使わないものも出てきます。高額なものもあるため、それなら専門業者に依頼して修理してもらうといった選択も出てくるため、よく検討しなければいけません。

■揃えておきたい一般的な道具

基本的に必要になるのは、マイナスドライバーとレンチです。マイナスドライバーもサイズがありますが、精密ドライバーのような小さなものは使いません。マイナスドライバーはネジをまわすだけではなく、部品をはがすためにも用います。レンチは、ナットのサイズにあったものが必要です。サイズをいろいろと用意しておく必要がありますが、蛇口の修理程度であれば、モンキーレンチがあれば対応できます。モンキーレンチはサイズをある程度変えることができる便利な道具です。ただし、うまくサイズを合わせないと、ナットをなめる場合が出てきます。しっかりと寸法を合わせ、滑らないように使うことがポイントです。固着して回らない時には、レンチをあててハンマーでたたくといった方法もあります。失敗すると破断することにもなるため、ゆっくりと力を入れていきますが、それでも回らないときには、部品の交換を考えるべきです。

■水道修理に使う特殊な道具

水道の修理でよく使われるのがパイプレンチです。巨大なモンキーレンチといったところですが、パイプであっても回せる形状に作られています。締め付ける力も強く作られてるため、安全に回せますが、使い道としてはそこまで広くありません。
プライヤーも必要です。部品をつかむためにも便利な道具ですが、こちらもそこまで使い道がある道具ではありません。ウォータープライヤーのような大きく開くものが便利です。
袋ナットをまわすための道具がモーターレンチです。イギリスレンチと呼ばれる場合もありますが、水道の修理をする場合には必須ともいえますが他には使い道がありません。

■まとめ
道具はホームセンターなどで簡単に手に入ります。もっと安価に100均などでも購入できますが、耐久性の問題も出てくるため、本当に使い続けるのであれば、精度の高いものを購入するべきです。どの道具も高額なもので、他に使い道がないものも多いことから、購入する費用を考えれば、専門業者に依頼する方が安い場合も出てきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ